全国高等学校ダンス部選手権結果

DCC(全国高校ダンス部選手権)の結果

全国高校ダンス部選手権(通称「DCC」)の歴代の結果です。毎年8月に行われます。 優勝校の動画(Youtube)を一覧にしました。~MOVE

2020年は、オンライン開催

2020年は、コロナウイルスの影響でオンライン開催になりました。宝仙学園高校女子部(東京都中野区)が優勝しました。

2019年は、大阪の同志社香里が優勝

2019年は、大阪の同志社香里(こうり)高校(大阪府寝屋川市)がダイナミックな創作ダンスで優勝しました。 2018年、2017年に2連覇を果たしたライバルの登美丘(とみおか)高校(大阪府堺市)を破りました。 同志社香里は、ダンススタジアムなど他の全国高校大会では何度も優勝している強豪ですが、DCCでは初めての優勝です。 抜群のキレ味でした。 また、準優勝には、過去2度優勝している北九州市立高校(福岡県)が選ばれました。

歴代の優勝校

2020年代
学校名 テーマ 動画
2021
(第9回)
決勝大会は8月18日(水)
2020
(第8回)
宝仙学園高校女子部
(東京都中野区)
進撃
(しんげき)
2010年代
学校名 テーマ 動画
2019
(第7回)
同志社香里(こうり)高校
(大阪府寝屋川市)
刻韻
(こくいん)
動画→
2018
(第6回)
登美丘(とみおか)高校
(大阪府堺市)
煇晴
(ハレルヤ)
動画→
2017
(第5回)
登美丘高校
(大阪府堺市)
扇舞
(ジュリアナ)
関連動画(バブリーダンスのプロモ)→
2016
(第4回)
北九州市立高校
(福岡県北九州市)
愛翻
(アイホン)
2015
(第3回)
久米田高校
(大阪府岸和田市)
修羅
(しゅら)
2014
(第2回)
山村学園高校
(埼玉県川越市)
秀樹
(ひでき)
動画→
2013
(第1回)
北九州市立高校
(福岡県北九州市)
勝利
(しょうり)

DCCとは

全国高等学校ダンス部選手権(通称「DCC」)は、高校生のダンス大会(コンテスト)です。 毎年8月に行われます。 ダンスのテーマを漢字2文字で選び、表現力を競うのが特徴です。 審査員が「表現力」「技術力」「独創性」という3つの観点で点数をつけ、合計得点が最も多いチームが優勝します。 主催は日本ストリートダンス協会(JSDA)。 事務局へダンス動画を送り、映像審査を通過したチームが全国大会に出場します。

正式名称 全国高等学校ダンス部選手権
通称 DCC(DANCE CLUB CHAMPIONSHIP)
主催 日本ストリートダンス協会(JSDA)
開催時期 8月
開始年 2013年